資産運用の選択肢|投資信託をするなら証券会社を探すべし|投資の心強いサポート
女性

投資信託をするなら証券会社を探すべし|投資の心強いサポート

資産運用の選択肢

貯金箱

預貯金よりも更に高い運用利回りを実現したい場合には、株式や債券などで幅広く運用する投資信託が最適です。投資信託には様々なタイプがあるので、投資家の運用スタイルやリスクの許容度に合わせてファンドを選ぶ姿勢が肝心です。できるだけ小さなリスクで安定運用を目指したいときには、国内外の公社債などで運用する商品がふさわしいです。しかし高い成長性を実現したいと考える人が活用するのは、先進国や新興国の株式で運用する投資信託です。インカム収入と値上がり益の両方に注目したいときには、リートで運用するファンドが手ごろです。リートは国内外のビルやマンションなどの不動産を組み込んでいるので、将来的にも成長が期待できるでしょう。

必要に応じて機動的に運用銘柄を入れ替えるのが、アクティブに運用するファンドの特色です。けれどもアクティブに運用する投資信託は、信託報酬などのコストがやや割高です。そこで最近ではコストの低さを重視して、インデックス型のファンドを積極的に購入する個人投資家も多いです。インデックス型の商品は指数に連動することを目指しているので、運用コストはアクティブ型の投資信託の半額程度です。また定年退職後の暮らしを豊かにするために、投資信託を地道に積み立てるのが最近のトレンドです。インデックス型のファンドを毎月積み立てることで、退職時には1000万円以上の資金を手に入れることも可能です。積極的に資産運用をすることで、老後もゆとりを持って暮らせるでしょう。